ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

メルマガ読者を増やす2つの方法 前編


メルマガ読者を増やす2つの方法 前編

 


見込み客を集めるための集客方法

3つマーケティング

・買う
・創る
・借りる

 


・買う
レポートスタンドから購入。
メルマガ広告、ppc広告でお金を払って集客。


・創る
無料レポート作成。


・借りる
相互紹介。
パートナーに依頼。


最優先するのは買う。時間を買っている。短縮するため。

もし使えるお金がなら大量の無料レポートを創っていって集客する。
時間はかかる。


メルマガ読者が増えない2つの理由

 


1 タイトル選定ができていない


タイトル1つで10倍以上集客効率が変わる。
興味深いタイトルをつける必要がある。


見込み客を集めるタイトル

 

ひきがね単語
×
検索数の多いキーワード
×
計量できる具体的な結果


ひきがね単語とは?

見ただけで「ビクッ!」と反応してしまう強烈な単語


計量できる具体的な結果。

相手が得たい結果を具体的に伝える。


検索数の多いキーワード

上位表示を狙っているワード


2 コンテンツを創るスピードを上げる。


クオリティを高くして素早くコンテンツ創るスキルが必要。

情報起業家はコンテンツを作成するのが仕事。


コンテンツ作成スピード=収入アップのスピード


情報を仕入れたら素早くコンテンツとしてアウトプットしていく。
早ければ早いほど進化できる。

 

問題点


細分化して考えていけば必ず解決策は見つかる。

 

・タイピングが遅い
解決するには?

美佳タイプ
http://www.asahi-net.or.jp/~BG8J-IMMR/


・パソコンのスペックが低い
解決するには?

投資をするために買い換える


・環境が悪い
解決するには?

一人で集中できる環境を作る。
カフェ、図書館、レンタルスペース、耳栓


・実は書くことが決まっていない
解決するには?

「見込み客に何をさせていか?」が分かっていない。

見込み客が何に困っているか?を再度リサーチ。

その困っていることを解決するために何を書くか?を考える。


リサーチのステップ

「見込み客が得たい結果」を知る

アンケート、Q&Aサイト、身近で悩んでいる人に聞く。

「その結果を得るために何が足りないのか?」を考える。

「今すぐ」を書く。
見込み客に何をやらせればいいのか?を書いていく

「どうやって」を書く。
どうやっていくかの具体的な方法論を書く

「何」を書く。
事実やデータ。本やサイトから情報を集める。

「なぜ?」を書く。
相手のモチベーションをあげるため。
恐怖、得たい結果、フラストレーションを箇条書きにする。


はじめは箇条書きして書いてみる。
文章で書こうとは思わない。

早くコンテンツを作りたいなら逆算して考える。

 

相手が
「何を知りたくて」
「どういう結果ほしいか?」
それに対して
「何が足りないのか?」
「どんなこと伝えればいいのか?」

 

意識して書いていく。

 

後編はこちら

ibaschool.hatenadiary.jp

広告を非表示にする