読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

コンテンツ作成するためのヒント

ノウハウ

 

コンテンツ作成するためのヒント

 


コンテンツのクオリティを上げる。

コンテンツ作成スピードの短縮。

ヒトに必要されるコンテンツの作り方。


「できない」と思ったらそこで終わり。


年収が5倍になったある会社をクビになった男の話

20代後半。
会社員。
既婚者。子供が1人。
年収が200万円。


毎日あくせく働いていた。

給料が上がらず苦労していた。

趣味でビジネス関連のメールマガジンで書いていた。

友人にメールマガジンを書いていることを教えると、上司に伝わってしまい副業が禁止だったのでクビになってしまった。

「家族を養えなくなった。どうしよう・・・・」

そこにあるメルマガ読者だったヒトからメールがきた。

それはある企業からのメールだった。

「あなたのメールの内容が素晴らしいと思いました。私の会社に来てメールマガジンを書いてくれませんか?私の会社はニュースレターをやっていて、お客様に毎日毎日ニュースレターを送っているです。ですがどうしてもかたっ苦しい内容でお客様が読んでくれていないようなのです。」

「代わりに私の会社に来てメールマガジンを書いてくれませんか?」

昔の会社をクビになっていた男性は現在は仕事がないのでその会社の依頼を受けることにした。

その会社の依頼した仕事の年収が1000万円だった。

男はメルマガを書くのが好きだったので仕事もまったく苦にならなかった。

メルマガの効果もあって会社の売上も2倍以上になった。

 

 

 

テクニックを結果に通訳する。

 

 

テクニックを語る時に「相手が知りたい結果に通訳する。」


ダイエットをしたいヒト
知りたい結果


「何キログラム痩せるようになるのか?」
「ダイエットすることによって着たかった洋服が着れるようになります。」

読み手が得たい結果。

「この呼吸法を使うことによって毎回0.2キログラムずつ脂肪燃焼していきます。

呼吸法をすることによって得られる具体的な結果を示す。

 

 

 

広告を非表示にする