読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

進化するための8つのマインドセット

モチベーション

 

8つのマインドセット

 

1 ヒトの現実は変えることができる

 

よく「ヒトは変われない」「ヒトは変わならない」という話も聞く。
しかし、現実を変えることはできる。


人間は自分の現実の中でできている。
現実とは?

他人の影響、テレビ、両親、友人、映画、マスコミ、など
様々な影響を受けて今の自分の現実がある。
そのフィルターを通して世界をみている。
現実は様々な影響を受け信じ込まされたもの。
自分が「変わること」を望むのならば変えることはできる。

 

2 時間は管理できない。管理できるのは「自分」と「周りのシチュエーション」


時間という概念は誰でも一緒。
大富豪であろうがホームレスでも同じ。


時間がないヒトは自分とシチュエーションを管理できていないだけ。

隣で道路工事をしているシチュエーションでは仕事に集中できることは不可能。
どんなシチュエーションで仕事をするか?を考える。


3 習慣は運命


今自分が今日していること、今日考えていること、今もっている不安は
おそらく30年後自分。

今日の自分が30年後の自分。
だから、今日どう良く生きるか?一週間後をどう良く生きるか?
その積み重ね30年後の自分になる。

だから1つでも「いい習慣を取り入れていく」

すべては「朝の習慣」から始まる。


4 脳内の摩擦が外の摩擦を生む


問題か起きた時、混乱が起きた時、決断を迫られた時。
その問題にフォーカスしがち。
しかし、実は自分のなかに問題がある。


マインドセットがあれば「問題」が「問題」でなくなる。
どういった考え、ココロを持つかで反応が変わる。
問題がチャンスになる可能性もある。

常に自分の内側に問題ある。


5 弱みを直視しろ


弱みを直視するのは苦しい、イヤだが進化には必要不可欠。


アメリカのカウンセラーのインタビュー

インタビューアー
「どうやったら患者さんを治す最初のステップなのですか?」

カウンセラー
「まず精神病患者にはやってもらうこと」
「それは【自分が精神病にかかっている】ということを認めるということだ」

患者がそれを認めないと
患者
「私は違う。病気なんかじゃない」

病気を受け入れられない患者は精神病は治らない。

病気を受け入れる患者が病気を克服できる。


弱みをを受け入れることが進化の最初のステップ。


6 自分の最大の強み。現在ある最大のチャンスにフォーカスしろ

 

 

弱みにフォーカスするのではなく強みを伸ばす。
多くのヒトは弱点のほうを先に埋めようとする。
弱みを克服しても平均にかならない。

誰にもできない自分の強みを磨くことにフォーカスする。

 

7 あなたの未来は過去から考えてはいけない。白紙から考える。

 

 

今ある現実。過去の積み重ねで未来を描くと今の延長線しかない。
一度白紙にしてから未来を描いていく。

現実を変えないかぎりすべてうまくいかない。

 

8 求めているものにフォーカスしろ。逃げたいものフォーカスするな

 

 


ダイエットしたい時

おやつをバクバク食べるのをやめたい→逃げたいこと
健康になるためにおやつをやめる→健康を求めている


脳は否定文を理解できない。
「おやつ」 「食べるのをやめたい」
脳のなかでは否定がわからないから
「おやつ」 「食べる」とインプットされてしまう

逃げたいものにフォーカスしてはいけない。
否定的な言葉。ネガティブ思考を入れてはいけない。

 

 

広告を非表示にする