読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

他人を進化させる究極の方法

他人を進化させる究極の方法


自分のやりたいことを家族に反対されているヒト


あなたが進化をしようとすると周りは邪魔をしようとする
なぜ?

悪気があって邪魔をするわけではない

寂しいから
進化してしまったら離れていってしまうのではないか?
などの不安から無意識で行動をとっていまう。


うまくいってない時は助けてくれる

だんだんうまくいきだすと邪魔をしだす

嫉妬、妬み、不安という恐怖からの行動。

邪魔をされることにより進化をスピードが遅くななる。

あなたが進化するればするほど周りが邪魔をしだす。

自分が感情的にはならず、相手は「寂しいんだ」とわかってあげて話をする。

時には切り捨てる必要もある。

人間関係、趣味、環境

 

他人の感情を進化させる5つのステップ

 


「どうしたの?なにがあったの?」と聞いてあげる


「それについてどういう感情なの?」と聞く
思考ではなく感情を聞く。


「何を学んだのか?」を聞く。


「自分についてどういう気付きがあったのか?」を聞く。


「今後どうしていきたいか?」を聞く。


摩擦は進化のスピードをさまたげる。
摩擦を減らすことにより進化が早くなる。

 

成功回避不可能システム

自分自身がメンターになる。

メンター

自分

門下生


教えることが最大のアウトプット。


間違ったメンターを持つとすべてが無駄になってしまう。

 

正しいメンターを選ぶ方法

 

一番気をつけるのは「知識に対するメンター」

間違ったヒトについたら人生を台無しにする。

成功するためにはメンターの存在が絶対条件。

 

究極のメンターとは?

 

どんなメンターを探せばいいのか?
自分がどんなメンターになればいいのか?



「教える」ではなく「引き出してくれる」ヒトを選ぶ。
知識をひけらかすのではなく相手に合わせて教えれるヒト


「知識を与える」ではなく「気付かさせてくれる」ヒト。
知らないことを言われても自分は反応できない。
知っていることに関連付けて話をしてもらえれば理解できる。
みんなが理解できる例え話が上手なヒト。


メンターになってもらう方法

 

メンターは完璧ではない。
メンターも普通の人間。
メンターがほしいもは何か?を考えてそれを提供する。
答えてくれないヒトもいるがその人を選ぶ必要なない。

綺麗事だけではない。
「このヒトだ」と思えるヒトなら最終的にはお金はらう可能性もある。
価値提供ができないなら金銭を払うこともいとわない。
成功者からタダで教えてもらうと考えるほうが変。

 

才能をスキルに変える

 

才能だけでは意味がない。
才能を磨いて磨いてスキルにする。

スキルこそがメンターに提供する。


メンターになってもらう方法



メンターが満たされていなうものを探す。


満たされていなうものをスキルで補ってあげる。


メンターに言われたことは素直に実行する。


人間は自分と似ている部分も持っているヒトを好きになる。

多くの場合にそれは失敗する。

同じようなスキルをもっているヒトを繋がっても離れていってしまう。

自分とは違った才能をもつヒトと繋がる必要がある。


究極の進化の法則

 

人間の本能として変化は望まない。
居心地のいい場所を好む。

進化するためには居心地の悪い場所に身を置く必要がある。

 

広告を非表示にする