読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

ヒトを惹きつけるタイトル選定のコツ

ノウハウ

 

ヒトを惹きつけるタイトル選定のコツ


タイトル究極の方程式


具体的に結果が見える状態にする×引き金単語×検索数が多い


10日で2.2キロ痩せ禁断のダイエット方法

 

検索数、引き金単語の比較

 

30日間でマイナス収支をプラス収支にする方法

30日間で赤字黒字にする方法

同じことを言っていても下のほうが引き金単語であり検索数も多いので圧倒的に反応率が違う


件名のコツ

 

短く×興味深く


短いことにより目に止まりやすい

 

テクニック

 

名前をつける

 

ビジネス成功のコツ

 

見込み客を先に集める→意見を聴く


ビジネス究極の方程式


見込み客にほしいもの聴く→それを創る

多くのヒトがこれをできない


なぜ?

見込み客を集められない

解決策
感情的に高いハードルがある

 


2人のライバル

 

・直接的ライバル
同じ市場で同じ切り口で情報を提供している

 


・間接的ライバル
同じ市場だがアプローチの方法が異なる

間接的ライバルと仲良くして告知してもらう

間接的ライバルは味方

見込み客を進化させる

見込み客を進化させるためには間接的ライバルの商材も紹介


見込み客は誰のモノではない


見込み客は肉体、感情、思考の3つの進化をしたいと考えている

これを満たすことができれば自分のファンになる


間接的ライバルの探し方

 

ステップ1
商品と同時の買うものはなんだろう?と考える

ステップ2
商品の前後に買うものはなんだろう?と考える

ステップ3
見込み客の平均的な1日の行動を書き出す

ステップ4
彼、彼女の好きな趣味、食べ物、行動を書き出す

ステップ5
彼、彼女は継続して続けていることを書き出す

ステップ6
彼、彼女らが読んでいる雑誌、テレビ、サイトなどを書き出す


究極の見込み客集め

紹介が最強

 

信頼はシフトする

きちんと紹介すれば価値を与えられる


相互紹介が悪いという洗脳

昔から紹介という制度は今も不変


相互紹介ができなければビジネスはできない


相互紹介をする時のヒント

 


自分より相手のほうを得させるよう考える


相手にどんなメリットがあるのかを具体的に話す


見込み客を進化させられるヒトを探す


直接過ぎず間接過ぎず


ある程度のテンプレートを作る


ビジョンを語る



相互紹介、アフィリエイトという言葉は使わない

イメージが悪い

JVパートナー


紹介のテンプレート

 

いい人間かを判別する



読者であり好きであることを伝える


どこが好きなのかを具体的に話す


「あなたのメールは素晴らしいので紹介させてもらってもいいでしょうか?」


ここで相手を判断する


返信がどのような形でくるかを判別


紹介文を相手に送ってみる→返報性

 

 

広告を非表示にする