ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

コンテンツ力の重要性

 

コンテンツ力の重要性


コンテンツ力を上げるためには?

日々文章を書いていくしかない

 

絶対にライバルが存在する


USPの認識を再確認



無料で見込み客を集める方法

多くの失敗例

商品を作成

どのようにして販売するか?

間違い(販売者目線)


成功するには

無料で見込み客を集める

アンケートをとり悩みを聴く

その悩みを解決できる商品・案を提示



コンテンツ価値の高め方

価値とは?

お客様が感じる感情



モチベーションを上げっぱなしにする方法

あるエネルギー源を利用する

モチベーションという概念がなくなる

 

業界ナンバーワンになる方法


どんな有名な先生
著名な作家

これらに勝つためには?

 

どの業界にもサイクルがある

製品のライフサイクル

 

導入機

成長期

成熟期

衰退期

f:id:saku3ma73:20170316162045j:plain


USPを確立する

自分だけの特徴がないと誰にも購入してもらえない

USPとは?

多くの人は聞いたことはあるが明確には答えられない(約70%)

ライバルにはない私だけの強み(29%)

正解だが完璧に理解できてはいない。誤解している


自分だけメガネかけていてそれを強みにすればお客様から購入してもらえる?

そうではない

 

本当のUSPとは?

ライバルにはない自分だけの特徴+お客様がそれを必要としている(必要性)

2つを掛け合わさったものが真のUSP

お客様が何を求めているのか?

USPはお客様から聴かない限り創れない

商品も創れない

 


USPの正しい方程式

USP=お客様がまだ満たされていない欲求

 

※注意点
独りよがりになってお客様が求めている事以外は話さない(共感できないこと等)

 


USPの創り方

 

ステップ1
見込み客が感情的に必要としている欲を聴く

ステップ2
その欲と現在持っている強みとしそしてこれから創れるだろう強みをマッチさせる


ネタ探しのコツ

欲は永遠に続く

情報起業家は情報を発信し続けるのが仕事

情報を仕入れて情報をアウトプットする(勉強し続ける)

 


マイホームを買った

家具を購入したい

食器がほしい

浄水器が欲しい

クルマも新調したい

クルマのカスタムをしたい

お金がある場合に限るがドンドン欲は別の方向に向かっていく(なくならない)

 

 

質問がすべて


想像ではずれてしまう

聴かなければわからない

質問しやすい体勢を整えておく

お客様は「こんな質問していいのかな?」「個人情報が流れるのではないか?」
余計なことを気にしてしまっている

具体的にどうする?

相手の名前はイニシャルなどで伏せてみんなが見れる場所で回答

お客様は「こういう風に回答してくれるんだ」とわかる

安心して質問できる

毎回メアドを載せる

 


プレゼントなどメリットを提示

情報でオッケー(レポート)

Q&A集をまとめてあげると喜ばれる

 


同じことを最低5回言わないと理解できない

相手は自分の体験と共通点がないと理解できない


女性にモテるためには「共感」が必要ですと言われた

恋愛などにも本にも書かれているし共感は大事だなとなんとなく理解する

 

 


中学生時代に仲良くなった友人3人の顔を思い出してください

どんな話題を話して仲良くなりましたか?

同じ小学校出身、同じ趣味を持っている、好きなテレビ番組が同じ、同じ友人がいる
なにかしらの共通点・理解できることがあって仲良くなったはず

共感することが大事

恋愛に置き換えてみる

これを言ったらモテるなどテクニックは必要がないことがわかる

友人を作った経験を恋愛に置き換えれば納得できる

何度も言ってあげることが実は親切で相手を行動させるためには重要

同じことでも切り口を変えて言ってあげる

 

広告を非表示にする