ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

価値の高いコンテンツを量産する方法


価値の高いコンテンツを量産する方法

 

自分たちには相手に行動させるために良質なコンテンツを作成する必要がある

なぜならば商品は情報であるから

 


・クルマの整備士ならクルマの知識が必要
・大工さんなら建築の知識が必要

 

情報起業家の仕事は?


価値のあるコンテンツを出し人間関係を構築し情報を届ける

価値の高いテクニック

勉強方法・学習能力を高める

 

多くの成功者が隠している裏マインドセット

 


多くの成功者が隠している

なぜ?

自分の価値を下げる可能性があるため

 

今自分が一番憶えたいことをコンテンツにする

 


自分がMacのスキルを覚えたいとする

上手くいったことを発信(アウトプット)

モチベーションが下がらない

聞きたい人がいるのでやるしかない状況ができる

最強の成功回避不可能システム

努力は必要だが完璧にする必要はない

無駄なことをしなくなる

危機感から勉強しアウトプットしなくてはいけない

自分のためだとなかなか行動が続かない

人(見込み客)のためなら行動力をアップできる

 

速読の必要性

 

 

なぜ必要なの?

沢山の情報を入れる必要がある

情報収集は図書館でいい


その前に

相手が知りたいことをリサーチしておく


速読のコツ

 

1冊の本を最初から最後まで読む必要はない
目次しか見ない

恐怖、フラストレーションなど調べたい情報をまず箇条書きしておく

上記を解決できる項目だけを読んで調べていく

目的意識を持てば質の高い情報だけを入れられる

 

本の探し方

 

名著を探せ

名著には余計なことが書かれていない

マインドセットがあるのが多い

マインドセットをもとに自分の言葉に置き換える


名著はどうやって探すの?

メンター、その分野で尊敬できる人が進めている本

多くの人が読んで結果が出ている本の引用先の本

ここ最近話題になっている本などは必要ない


1冊10分で読む

 

一般の常識の逆を言っている本は面白い。参考になる

その分野と異なる分野の本に答えは載っている

恋愛関係を調べたい場合

恋愛系の本を調べても答えはない
(本になっている時点ですでに先駆者がいる)

心理学・脳科学など分野を調べていく

文の書き方は好きな作家を参考にする

 

4つの学習タイプ「なに」の探し方

 

多くの人が探せない

事実・データの部分なので本から探せる

国のデータ
野村総研から引用

説得力が増す

 

アイディアを圧倒的に出す方法


何かの本からそのまま引用したら著作権侵害

マインドセットや誰かのテクニックを自分の経験から出せば問題ない

 

オズボーンのチェックリスト

kotobank.jp



アイディアが出てくる

いくつか項目のチェックリストがある

・転用
なにか他の使いみちはないか?を考える

・応用
なにかに応用可能でないか?を考える

・変更
形や色を変えてみるなどを考える

・拡大
大きさ、強度、強さなどを変えてみる

・縮小
拡大の逆。コンパクトにするなど

・代用
ヒト、素材など違うものに置き換えるられないか?

・再利用
リサイクル、別の用途はないか?

・逆転
左右、上下、順番などを変えてみる
心に響く→今までの常識が覆される

・結合
何かをブレンドしたり合体させたりする
世の中でもっとも多いやり方
スマホ→電話+パソコン+カメラ

 

広告を非表示にする