読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

売れる情報は4つしかない

ノウハウ

 

集中力強化するには?

 

以前に集中力を邪魔をする4つの要因を紹介しました

 

参考ページ 

ibaschool.hatenadiary.jp

1 意思のチカラが強いと集中力が増す


意志の力は必ず存在する

意思のチカラのメカニズムを知ることのメリット

・目標達成がしやすくなる
・勉強や資格取得(スキル上達)などを成功しやすい


意思のチカラのメカニズムを知らないことのデメリット

・しなくてもいい無駄な苦労をすることになる
・感じなくてもいいストレスを感じてしまいやすい


意思のチカラとは?

居心地の悪い所へ行くところへの燃料

自分を成長(進化)させるためには何かを変える必要がある
現状維持のままでは将来も同じ延長線上で生きていくことになる

スキルアップするためには居心地の悪い場所へいくということ

意志のチカラは有限(わずかしかない。貴重なモノ)
減らないように少しずつ大切に使う必要がある

 

参考図書

 


意思を減らさない大切なポイント
 

1 朝に大切なことをやる
意思のチカラがフル充電されているのは朝目覚めた時
集中力、判断力がある時点で作業を行なう


2 何か作業する時は外部要因を全てシャットアウト
朝の作業メリット

メールを開かない
電話に出ない
ヒトと話さない
余計なことは考えない→思考は止めるのが困難

朝作業出来ない場合はこれらをシャットアウトできる環境作りをする

 


2 情報ビジネスとは?

 


ただ純粋に困っているヒトに情報を提供して救ってあげて報酬を得る

情報商材は3つしかない

 

1 自分の情報を販売
 


・売れる情報商材は4種類

 身体的な悩みを解決
 例 
 体臭が臭い、身長が低い、耳が聞こえにくい、毛が濃い、目が悪い、


 人間関係の悩み
 例
 恋人や友達が出来ない、上司をとの関係が悪い、子供に教育ができない


 仕事の悩み
 例
 パソコンのスキルをつけたい、資格をとりたい、営業の成績をあげたい


 趣味の悩み
 例
 ゴルフの上達法、料理上手になりたい、ダンススキルアップ

 

2 他人の情報を販売
 


悩みを解決できるスキルを持っている人と組んで販売する
タイアップ形式→コミニュケーション能力が必要

商品が数多く売れたら相手からさらに報酬要求される
売れなかったらプレッシャーがかかる

コミニュケーション能力がないと難しい手法

 

3 勉強しながら同時進行で販売
 


実践もしないで販売するのはダメ

説得力がない

実践して読者に見本を見せる

結果がでたものをまとめてわかりやすくする