読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトに価値をどうすればあたえられるの?

ヒトに価値をどうすればあたえる方法を更新していきます。信頼や教育についての情報です。メモ帳代わりに活用してください

行動が変わらない4つの理由

ノウハウ

2つのテクニック

 


たとえ話をする。

相手の理解が得られるのは自分の知っている情報とリンクした時。
気付きが得られるのは新しい情報が入ってきた時ではない。

自分が知っている体験と現在話している話がくっついて気付きが得られる。

 


恋愛のテクニック
女性を口説くにはどうすればいいか?
共感すること

何となくは理解できるがしっくりはこない

たとえ話を混ぜる

高校時代など同性の友人を作った時はどうしたか?

はじめはどんな話をしたか?

同じスポーツが好き。同じゲームをやっている。
同じアイドルが好き。同じ漫画が好き。
共通の友人がいた。同じテレビ番組を観ている。

共感点がある話をして友人になった。

共感することって大切。

同性が同じなら異性も同じ。

たとえ話によって理解が深まる。

過去の体験をリンクさせた。

 

2 モチベーションを上げてあげる


多くの情報は自分の情報を発信しているだけ。
すごいと感じることはあるが読みては行動しない。


知識を与えるだけでなくモチベーションを上げてあげる
どうすればいい?

話すことの理由のメリット、デメリットを常に語る。

これをすることによってどうなるのか?を常に語る。

読み手は常にモチベーションが高いまま最後まで読み進められる。

 

行動が変わらない4つの理由

 

1 チャンスがない
責任を他人のせいにしている。

チャンスを受け取ることができない。

すべての責任は自分にあると考えればチャンスはいくらでもある。

見込み客は常に誰かのせいにしている。
環境が悪い。親が悪い。社会が悪い。

この状態では絶対のチャンスは訪れない

まずは「責任はすべて自分にある」ということをマインドセットを教え込む

どういう風ににて気づかせる?

もっと厳しい環境にいるヒトの話を出してあげる

多くのヒトが甘えている。
「オレが一番不幸だ」


2 強い欲がない

多くのヒトはなんとなく夢を語っている。
そこまで強い欲ではない

借金をしたら成功した。
病気になって成功した。

なぜこうなるのかというと
「強い欲」を持つようになる

もちろん最初から強い欲をもっていれば危機を経験しなくても成功できる

 

どうすればいい?

相手も気づいていないメリット・デメリットを語る

常に相手が行動したくなるメリットを探していく

 


3 感情的なブロックがある


「お金を稼ぐことは悪いこと」というイメージがある人

チャンスがあっても行動できなくなる

どうすればいい?

矛盾点を指摘してあげる

 


4 能力がない

どうやっても向いていないヒトもいる

全員が成功できるわけではない

違う価値を提供する

 

 

情報を扱う人間が勝利する時代

ノウハウ

 

 

情報を扱う人間が勝利する時代


もし情報ビジネスをやらない場合でも聴く価値がある

情報もモノの販売するヒトが勝つ

 


情報を上手く扱うことができる中古のクルマ販売店

以前は中古のクルマをオークションなどで仕入れて販売していた普通の企業

情報ビジネスを取り入れ始める

どういう情報売り出したのか?

クルマを購入したヒトが5歳から10歳までの子供がいる人

子供と親が一緒に楽しめるレジャーランド施設のまとめた冊子を2000円程度で販売

クルマを買うときにはタイヤやオーデイオなどオプションをつけるヒトが多い

クルマという高額な商品(数十万~)なら2000円くらいは小さく感じるため冊子を購入する親も多い

冊子の種類もバリエーションを分けて販売
0歳~4歳、5歳以上

原価は印刷代のみで売上げアップに貢献

 

商品アイディア

 

一体どんな商品があるのか?

・メルマガ
電子書籍
・一般書籍
・CD
・DVD



マンツーマンコンサル
対面
Skype



eブック(電子書籍



セミナー



ビデオ



Webセミナー



メンバーシップサイト(会員制)



DVD,CD



コーチン

 

商品を作るためのマインドセット

マインドセットを極めれば100倍の価値があがる



人間は論理では理解できない。そして説明できない感情に支配されている。

人間は論理で動いていると思いがちだが実は全て感情で行動を決定している。

 

なにかしらの恐怖で働かなくてはいけない。結婚しなくてはいけない。
などの感情で動いている。


商品は壁。
商品がほしいわけではない。
商品を得た後の結果がほしい。

 

専門家ではなくマーケッターになる

 

専門家とマーケッターの違い

 

専門家
自分の知識を自分のエゴで話すヒト


博士
先生
学者

 

マーケッター
お客さん目線で話すヒト
お客さんが得たい結果を得るために何をするのかを考える
見込み客の現実に入る

 

商品の名前で価値がわかる

 

商品名にその結果がわかるようにタイトルをつける

 

無限大の情報、資源、可能性のある世界で価値を提供する

 

情報商材とは何か?
整理整頓すること
見込み客のために世の中にある情報をまとめて提供してあげる


4つの学習タイプを使い必ず結果を出させる

 

相手が行動しないとまったくの無価値
行動しないと何の結果も得られない


商材の中身は見込み客の恐怖。フラストレーション。計測できる結果だけに絞る


見込み客の恐怖を取り除いてあげる
フラストレーションを消す。
得たい結果を得られるように書く。

 

整理整頓係

 

情報商材を作る意味

見込み客に結果を出させるため

見込み客が行動できるよう整理整頓してあげる

 

ピークエンドの法則を理解しろ

 

ピークエンドの法則とは?
ヒトは一番盛り上がった(ピーク部分)と最後(エンド)しか記憶に残らない。


盛り上がる部分とラストにチカラを注ぐ。
オープニングも重要。
オープニングのクオリティが低いとそもそも観てもらえない。

 

すべては見込み客の理解から

 

何を書いたらいいのかわからない

なぜ書けるようになるのか?

見込み客と話をしていたから

見込み客に欲しいものを聴く

書き方

チャプターを作る

恐怖を解決するもの

フラストレーションを解決するもの

得たい結果を得る方法

 

3つの学習レベル

 

レベル1
気付き。
誰かに口で説明できる。


レベル2
行動レベル。
相手の行動が変わる。


レベル3
習慣が変わる。
行動するのが当たり前になるレベルにする。
習慣化させる。嫌われる場合もあるが相手のため。

 

 

見込み客の現実の一発で理解する方法

ノウハウ


見込み客の現実の一発で理解する方法

 

ビジネスはシンプル

見込み客に欲しいモノを聴く

解決できる商品を作る

これだけの繰り返し


見込み客の3つの欲しいものとは?

 


恐怖を回避するモノ


フラストレーションを解決できるもの


欲を満たしてくれるもの


アンケートで聞いてこれらを集める


見込み客の現実

 

現実とは?

見込み客のもっている世界観

聴かないとわからない


世の中にある企業は95%は5年以内に倒産している

なぜ?

見込み客の意見を聴いていない

自分が売りたい商品を販売している

売れない

倒産


見込み客の現実のを知る究極の方法

マンツーマンコンサルティング

見込み客と直接話しをして見込み客の現実を知る


メールやアンケートの欠点
相手の感情の起伏が見えない

 

話をすることによって声のトーンや強さがわかり
どの部分が重要なのかわかりやすい



アメリカの負けすらず凄腕弁護士

彼は裁判中でもいつもグーグー寝ている

なぜ勝てるのか?

聴くポイントを心得ている

普段の話は聞いていないが相手も口調が強くなった時だけ耳を傾ける

その分野に対してだけメモを取り始める

弁護士の言い分
「相手の声のトーンが変わった時だけメモを取るようにしている。
なぜならば、彼らはすました顔をして話している時は本気ではないから。
やましいことがなく自信があること言っているから。だから無視する。
でも声のトーンや口調が変わった時、そこだけにチカラを集中すれば、
彼の弱みを握ることができる。だから簡単に勝てるんだ。」

直接話すということは感情をみることができる

 


どういう風にマンツーマンコンサルをするのか?

Skype

 

多くのヒトはコンサルの意味を履き違えている

会社の売上をあげる?
自分の知識を教える?

違う

 

コンサルの仕事は
相手の行動を変え、気付きを与える
相手の知ってる情報と自分の情報を結びつけて気付かさせてあげる
コンサルタントは新しい情報を話す必要はない


コンサルタントの一番大事な仕事


上手く言ったことを続けさせる
上手くいかなかったことをすぐに辞めさせる


相手が過去にやったことで上手くいったこと聞き出しそれを続けるようにアドバイス
そして上手くいかないことをやろうとするのを辞めさせる


質問    80%
アドバイス 20%

 

コンサルタントの一番重要なのは質問力
相手が自分自身で気づいていないこと引き出してあげるのがコンサルタントの仕事。
アドバイスは最後にちょっとだけすればいい。


世の多くのコンサルタント
アドバイス 80%
質問    20%
コンサルタントのエゴ


なぜ質問が大切なのか?

見込み客の恐怖、フラストレーション、欲をリサーチするため

これを解決するにはどうすれば?と考える


ステップ1
コンサルティング募集

ポイントは29700円を無料で人数限定で募集。
なるべく多くのヒトから現実を知る。
見込み客の視点からみてリスクを全て排除する。

Skypeをインストール方法
完全無料
コンサルの意味を解説

全員が意味を知っているとは考えてはいけない
こちらのエゴ


ステップ2
実際にマンツーマンコンサルを実行

ひたすら質問

全て完全にメモを取る

一字一句逃さず単語を忠実に書いていく
自分で勝手に変換をしない
意味が同じでも必ずその単語にする
響かない言葉になってしまう

 


質問の手順


何を聴くか?


今までどんなことをしてきたのか?

 


あなたの最大の問題点、フラストレーションを聴く
フラストレーションの意味が相手がわかっていない場合は
「今の時点で怒っていることはなんですか?」
理解しやすい単語に置き換える

本質の単語はどれか?を考えて抜き出す

 


「具体的に明確に得たい結果を教えてください」
数字になっているように聴く

ダイエットをして何キロ痩せたいのか?

何度も聴く
ヒトは曖昧にするクセを持っている

成功できないヒトほど曖昧な表現をする。

具体的な数字になるまで色んな角度で聴いていく

具体的な結果が商材のコンセプト、切り口、キャッチコピーになる



現在まで試して上手く行ったことはなんですか?

なぜこんなことを聴くのか?

アドバイスするための材料



今までの上手く行かなかったことはなんですか?



あなたのモチベーションがあがることはなんですか?

友達といる時
彼女といる時
音楽を聴いている時

 


モチベーションが下がる要因はなんですか?

奥さんがうるさい
上司が嫌だ
人付き合いが面倒



約束したら必ず実行してくれますか?

99%は約束しても実行しない

実行できるならすでに成功している
コンサルを受ける必要がない

必ずコミットメントさせる

相手に言ってもらう

相手が実行

結果が出る

信頼される



最後にアドバイスをする
・上手く行ったこと続けさせ上手くいかないことは辞めさせる
・モチベーションを下げる要因は排除。
・モチベーションアップすることを習慣化させる。

宿題を出すことが重要

 


マンツーマンコンサルのポイント

 


コンサル無料


60分で区切る
愚痴が多くなってしまうヒトもいるため


上辺だけの言葉は無視して本質的なことばだけをメモする
声のトーン、口調が強くなる時


10秒黙る
こちらから何も言わない
本質的なことばが出やすい


復唱する
相手は理解されると思う


最低20人は行なう
これより少ないと本質が見えない



単語レベルで聞き逃さない
自分の知っている単語に勝手に置き換えない


質問    80%
アドバイス 20%

アドバイス=彼らが混乱している頭の中を整理してあげること


人間はなぜ上手くいっていることを続けることができないのか?

上手く行ってしまうと飽きてしまう

自分に向いていないことをやりはじめて失敗する

飽きが成功を妨げる


上手くいくことには理由がある
上手くいかないことにも理由がある

能力、性格、環境などなにかしらの要因が合致して結果がある

 

見込み客の現実に入る方法

 

メモ、アンケートで集計して本質的な単語を抜き出す


チェックするポイント


恐怖


フラストレーション


得たい結果


共通する単語を探す

インデックスカードに書き出す

2つのマインドセット

ノウハウ

 

2つのマインドセット


ビジ友

見込み客=友達


商品を紹介したい場合

友達に紹介してあげよう


モンキーマインドを捨てる

 

ヒトは短期的欲求を解決したがる


原始時代からある本能
この考えを捨てる

・楽したい
・今すぐやりたい
・今すぐ食べたい

やめる

長期的思考をもつ

 

信頼

 

信頼を得るために行動する

見込み客の集客→信頼してもらう

信頼さえあればバナナの皮でも売れる

 

お金

 

お金とは?

ヒトを拡大させるもの


お金を通してそのヒトの人間性がわかる


お金を持ったらダークサイドに堕ちる

お金を得たから嫌なやつになった

本当はお金を持つ前から嫌なヤツだった

我慢が効かなくなっただけ

お金のせいでなく人間性の本性が現れた


見込み客にお金を使わせて信頼度のテストしてみる


アフィリエイト=紹介料


見込み客が商品を買ってくれた→信頼されている。需要がある


アフィリエイトをしたら嫌われてしまうのでは?

最高の商品を紹介するのなら喜ばれる
適当なものを紹介するべきではない


見込み客の進化につながるのであれば
商品、サービス、モノを紹介する


短縮URL


アフィリエイトする時に使用

なんで?

長いとスパムなのでは?と思ってしまう

 

選定のポイント

 


見込み客の進化に繋がるもの


セールスレターが良いもの


販売者の対応がいい


忙しい見込み客の代わりに商品を選定し紹介する


売れなかった時

簡単なモノではない

信頼、需要をもう一度見直してみる

 

 

リサーチの敵と信頼の法則

ノウハウ


リサーチとは?

 

 

自分の現実を捨てて相手の現実を受け入れること


思い込みなど
人間は自分の現実以外見れない



「お金持ちは悪いことをして儲けている」

小さい頃から親がそう言っていたら無意識でそう思うようになってしまう

テレビや雑誌などでも脱税など悪いことをしていて儲けるニュースなどが
無意識で見たり聞いたりすることになってしまう

いいことをして儲かっている企業などのニュースもあるが
自分の中には取り入れることができなくなっている
気づくことができない

自分の凝り固まった現実を捨てる

 


リサーチの敵

 


3つある


見込み客は問題を話したくない


見込み客は問題を持っていることに気づいていない
自分自身で問題があることがわかっていない


見込み客は問題を他のモノ・ヒトのせいにいている
親、上司、社会、政治が悪いと言って誰かのせいにしている
自分は悪くないと思っている=だから成功できない

信頼してもらう必要がある

 

3つのアプローチ


直接聴く


アンケート


Skypeコンサル

 


アンケートの手順

 


プレゼントが必要
コンテンツ


信頼


答えやすい質問


信頼の法則
7つの習慣


信頼が増えればコストが下がる
そして時間が短縮できる

信頼が下がればコストが上がる
そして時間が増える


信頼の4つの要素
上手く噛み合う時に信頼が生まれる
全部が必要

信頼=誠実性×動機×スキル×結果


信頼残高


信頼にも残高がある

いいことすれば上がり、悪いことをすれば下がる


誠実性とは?

正直であり自分の弱みを話せる人間

発言、行動、思考が一致している

自分もいずれはストレスがかかり苦しくなる

誠実とはクリーンなイメージがあるがダークなことでもいい
お金がほしいならほしいと言えばいい

ウソをついてお金を儲けるよりは誠実性がある


動機

多くのヒトは動機、理由が気になる
「なぜアンケートをとるの?」
「悩んているヒトを助けたい」

動機、理由がわかれば行動しやすくなる

動機をハッキリさせること

動機を相手にしっかり届ける


スキル

ある程度のスキルがないと信頼してもらえない


ホームレスのヒトがどんな成功法則を言っても納得できない


結果

自分自身がどんな結果を出しているか?


これ以上の信頼はない
相手にどんな結果を出させているか?

 

プレゼント


なんのためにコメントをしてもらうのか?
リサーチのため

最初の方はプレゼントがないと答えてもらえない

何度か答えることにより習慣化しやすい

情報コンテンツを渡す
コストはかからない

 

答えやすい質問

 

質問力がないヒトが多い


最初は相手のことを聴くのではなく第三者のことの意見を聴く
自分のことは答えづらい


占い形式

あなたは何タイプですか?


どうしても集まらない場合

読者からもらった見本など見せる
見本があったほうが答えやすい

読者も自分だけにはなりたくない

みんながやっていればやり始める

 

社会的証明

高いクオリティの見本を見せればそれに引っ張られる
高いクオリティの意見がきやすい


書けないのはリサーチが足りていない

 

 

ビジネスにおける究極の方程式

ビジネス

ビジネスにおける究極の方程式

 

リサーチのコツ

リサーチを極めることによりビジネスに困ることがなくなる

多くの企業が続かないのは?

リサーチを怠るため


見込み客に欲しいモノを聴く。そしてそれを創る

とてもシンプル


多くの自分が会社は作りたいモノ作り販売している

本当に求められるモノなのか?


具体的なステップ

ステップ1
商材候補を決める
※候補であってまだ確定ではない

ステップ2
見込み客を集める

ステップ3
人間関係を構築する

ステップ4
アンケートをとる

ステップ5
痛み、フラストレーションをまとめる

ステップ6
商品をつくる

ステップ7
それを販売

 

ゼロからスタートする場合

 

ある程度知識がある
さらに学んでいきたいパッション(情熱)がある分野を選択

それについてのメルマガ発行
読者集め

インタビューシリーズ
相互紹介

アンケート

商品をつくる

まとめ


選ぶ商材
恐怖、痛み、緊急性が交差しているテーマが入る



まだ満たされていない欲を探す



自分以外その欲を満たすことができない



長期的な人間関係を続けられるマーケット
儲ける関係は厳しい

全員が成功するのは困難


メルマガで与える情報は?

 

見込み客の恐怖を克服できる情報

痛みフラストレーションを解決できる情報

具体的な得たい結果


4つの学習タイプで伝える

・なぜ
・何
・どうやって
・今すぐ


セールスレター

 

セールスレター=不特定多数の人達の感情や思考をを整理整頓されたもの


見込み客から話を聴かないと書くとことができない


自分を消す

 

お客さんだけを見てお客さんが聞きたい情報だけを話す


相手が共感できないなら一言も喋るな

 

 

コピーライティングのコツ

コピーライティング


ストーリーフォーミュラー


日本にはコピーライターが希少な存在


コピーの力は恐ろしい

 

コピーライティングとは?

人を動かす文章
文字だけで人を行動させる

 

ジェームス・パターソン

 

インターネット業界では必要不可欠

 

コピーライティングを極めるためには?
1日2日ではマスターできない
マスターするには少なくても3年は必要
楽な道ではない


コピーライティングのマインドセット


お客様は100%見ない


お客様は100%信じない


お客様は100%行動しない

 


99%ではなく100%理解した時にテクニックが生まれる

どうすれば見てもらえる?
どうすれば信じてもらえる?
どうすれば行動してもらえる?

考えることによりテクニックが生まれる

 


現実

これをわかっないと誰からも共感が得られない
見込み客の現実を理解する必要がある
こちらが相手に歩みよる

 


あなたがアザラシをみてどう思う?

かわいい?
愛らしい?


エスキモーの住人がアザラシをみたらどう思うか?

食料だ
捕まえなくては


立場によって動物をみても感じ方が異なる
それぞれの現実が違う

100人いたら100個の現実がある

 

人は現実をサポートするものしか見えない

自分の信じていることに対してのモノだけ

 


サプリメントの効果を疑っている自分の親

自分(権威なし)がいくら効能、効果を語っても聞き入れない

実際に効果があったとしても受け入れない

たまたま見ていたテレビの番組(NHK)で統計データが紹介されていた
医者から処方された医療品を服用して死亡者数 数十万人
サプリメントの服用での死亡者数       5人

このニュースが流れていたが親はまったく気づかなかった

「お医者さんのほうが正しい」と思い込んでいると他の情報は遮断されてしまう


愛の言語

 

アメリカの学者の研究結果

愛には5種類の感じ方がある

 

1 
言葉・言語で愛を感じるタイプ
「愛してる」
「好きだよ」



肉体スキンシップ
肉体が触れ合うことにより愛を感じるタイプ


3 
時間タイプ
一緒にいる時間を共有して愛を感じるタイプ



奉仕タイプ
◯◯をしてあげて愛を感じるタイプ



プレゼントタイプ
物をもらって愛を感じるタイプ

 


ここで重要なのはどれかいいなどは無い

自分はどのタイプ?
パートナーは?
親は?
友人は?
子供は?

考えてみる

タイプが異なる人に別のアプローチをしても伝わらない

 


網様体賦活系(RAS)

 

自分のなかにあるものしか気づかない


自分がプリウスをほしいと思ったOR買った場合

道などを走っているとやたらにプリウスが目につくようになる

街中でのプリウスの台数は変わっていなくても急に増えた感じがする

自分のなかにプリウスという概念が強くなったから

脳の構造上見たいものしか見えないようになっている

 


共通点を見つける


コピーライターの悩み
100人いたら100通りのコピーが必要なの?
誰に向かって書けばいいのか?

みんなの共通点を見つけていく

 

コピーは絶対に1人に向けて書かなくてはいけない

みなさんは
彼らは   → ダメ

「あなた」にする


理解


理解してあげることが大事
共通点をまとめて1人にコピーを書く

 

コピーを書く具体的なステップ

 

ステップ1
見込み客の恐怖、痛み、具体的な結果を書き出す

ステップ2
それらの単語の中で本質的な単語だけを抜き出す
話している場合は声のトーンに注目

ステップ3
本質的な言葉を1つにまとめる

ステップ4
架空の人物を想定して1人の人間にする
ペルソナの設定
名前
出身
スキル
家族構成

ステップ5
コピーを書き始める


2つの欲

何かを話すとき・書く時に
必ず相手の欲から書き出す



何かを得たい欲

お金やモノががほしい



何かから逃げたい欲

地獄へ行きたくない


行動させるためには2つの欲からスタートしないと聞く耳をもたれない

 

価値を具体的な結果に通訳する

 

多くの人は相手の求めている結果を具体的にしない


このサプリメントを飲めば痩せます
この本を勉強すれば合格できます

相手が想像できないので行動させることができない

行動させるためには
相手が求めている結果を具体的に書く必要がある

 


ダイエットをしたい人に向けて書く場合

この方法をすると◯日間で◯キロ痩せて
◯センチウエストが減り、◯円節約できて
◯という感情になって、◯という言葉を彼氏からかけられます。

相手の結果を書く時に明確な数値などを出せない場合は書かないようがいい


物語のパワー

物語が書けない人はコピーで相手を行動させられない

物語を書いていない時ジャッジされている

人は物語を聞いていると無意識に聞き入れやすい

 

みんな子供のことから物語が好きになるようインプットされている
・昔ばなし
・マンガ
・映画
・小説
・ドラマ

人間の人生そのものが物語


ストーリーフォーミュラー

 

売れる物語には必ず順番がある
ヒットした映画など

神話の法則


必ず100%順番通りに書いていく



似ている出発点

自分はそこらへんにいる一般人だった

ダメな例
親が大金持ちで何でも買ってもらえる子供だった

共感できない

人は共感できない話を聞いても聞きたいと思わないし好きにもならない
大金持ちの話は興味があるけれど共感はできない


チャレンジそして失敗の連続

失敗のエピソードがないと共感がうまれない
なぜ?

99%の人間は失敗の連続

なんでも上手くできてしまう天才には共感できない



突然の出会い。そして発見

人や商品など転機もたらしてくれたアイテム



詳しい分析。メッソド化したものを伝える

自分ができるだけでは価値がない
体系化することで相手が理解できるようメソッドにする
ステップ形式
裏付け、事実、データを必ず入れる


テクニックを与える

返報性
与えれば与えるほど自分に返ってくる



他のヒトの成功実例

自分だけではなく他人も成功した実例を伝える
「あなたにもできます」
お客様の声



次はあなたの番です


注意点
ウソの物語を書かない
探せば物語は見つける